MENU

血行を良くするサプリはDHA/EPA配合を選ぶ!

血行を良くするサプリはDHA/EPA配合がおすすめです!
DHA/EPAには血液をサラサラにする効果があり、全身への血液循環を良くするのを促進します。

 

ですが、DHA/EPAは魚介類にしか存在しておらず、毎日の食事から摂取する必要がありますが、厚生労働省推奨の1日あたりの摂取量は1000mg。これはさんまに換算すると1.5匹分、マグロだと刺身5人前分ほどになるため、毎日これだけの量を食べるのは難しいですよね。。。

そこで、DHA/EPAが高配合され、安全安心の品質で製造され、コストパフォーマンスに優れているサプリメントをランキングしました↓↓↓

 

 

きなり (さくらの森)の特徴

血行を良くするなら、血液をサラサラにして流れを良くすることが大切です。

「きなり」には血液サラサラ成分のDHA/EPAが高配合され、更に、納豆のネバネバ部分に含まれる血栓を溶かす働きを持つ酵素のナットウキナーゼも配合、更に更に、注目の成分クリルオイル(DHA/EPA&アスタキサンチン含有)を配合した人気のDHA/EPAサプリです。

DHA/EPAサプリメントには魚臭い味が多いですが、きなりにはその臭いが全くないのも特徴です。サプリメントは毎日飲むので魚臭くないのはありがたいです。
いくら良いサプリでも、「においがキツイ・味がまずい」と毎日飲むのが嫌になり、血行を良くする効果が得られませんからね!

きなりは飲みやすいソフトカプセルで、4粒で500mgものDHA/EPAが摂取できてお手軽です(厚生労働省推奨摂取量: 1,000mg/日)

価格 5,695円 ⇒ 定期初回1,980円
評価 評価5
備考 1日あたり66円! 血液サラサラ成分のDHA/EPA・ナットウキナーゼ・クリルオイルが高配合されています!
きなり (さくらの森)の総評

きなりは、一度お試しで購入した人の92.3%もの人がリピートで注文している人気のサプリメントです。
お試しキャンペーン価格の1,980円で購入できて、更に15日間の全額返金保証が付いています。
品質への自信の表れですね。
尚、楽天やAmazonでも販売していますが、「定価+返金保証なし」なので、ポイント分を考えても公式ページから購入した方がお得です☆

 

大正DHA・EPA(大正製薬)の通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

偏った食生活などで、血圧や中性脂肪値が高い人が増えています。生活習慣病は動脈硬化につながり、命に関わる病気を引き起こすため、予防や早期の改善が必要です。 そんな方におすすめなのが、 大正DHA・EPA(大正製薬)のサプリメントです。名前のとおり、血流を良くする成分である DHAとEPAが配合されているのが特徴です。どちらも青魚に多く含まれているため、魚が苦手な方はもちろん、毎日食べるのが大変という方が多いようです。 でも大正DHA・EPA(大正製薬)であれば、毎日5粒を飲むだけで、DHAを400mg、EPAを200mgしっかり摂取することができます。 大正DHA・EPA(大正製薬)は、1回のみお届けのコースもありますが、血液サラサラ効果のために続けて飲むには、送料無料の定期お届けコースがお得です。初回はキャンペーンとして、通常価格より10%引きの3,888円で購入することができます。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価4
備考 大正製薬による高い品質のサプリ☆ 継続購入の縛りなし☆
 

美健知箋

美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

美健知箋(びけんちせん)は、ユンケルの佐藤製薬のグループ健康食品子会社のDHA/EPAサプリメント。
イチロー選手のユンケルのCMは有名ですよね。

一番の特徴は、やっぱり製薬会社による高い品質です!
更に他のサプリよりも高濃度の1日あたり750mgものDHA/EPAが入っています。
(厚生労働省による1日の推奨摂取量は1000mg)

DHA/EPAは酸化しやすいため、酸化を防ぐビタミンEも配合していますが、酸化防止という意味ではアスタキサンチンの方が優秀です。
なので当サイトでは1位のきなりと僅差で2位としていますが、シームレスカプセルでおなかの中で溶けるスピードが早く吸収が良いのでデメリットにはならないと思います。

価格 6,480円 ⇒ 定期初回限定1,000円
評価 評価4
備考 初月は1日あたり33円!DHA/EPAが750mg高配合。スティック包装で持ち運びに便利☆
美健知箋 (佐藤製薬)の総評

美健知箋(びけんちせん)は、1日分をスティック包装なので、
カバンの中や職場、車の中などに置いておくことで飲み忘れを防ぎたい方や、急な飲み会前に飲む事を想定している方におすすめです。

今なら送料無料の税込みで、定期初月限定価格の1000円/30包で手軽にお試しできます。
もしも毛細血管の血流改善効果を実感できなければ、1ヶ月で解約可能!違約金などがない点もおすすめのポイントです。

初月1日あたり33円で、効果なしと感じたら初月で解約可能なので、気軽に始められます。

 

青魚の知恵 (やずや)の特徴

香醋(こうず)や雪待にんにく卵黄などのサプリで人気のやずやのDHA/EPAサプリです。

DHA/EPAだけではなく、タラの骨からとったカルシウムも配合されています!

また、カタクチイワシを丸ごと発酵させたベトナム伝統の魚醤「ヌックマム」を日本の工場でソフトカプセル化しています。
発酵によってアミノ酸が豊富に入っており、さらに、発酵食品には抗酸化作用もあり、酸化しやすいDHA/EPAとの相性も良いです。

やずやの青魚の知恵のDHA/EPAは、1日あたり170mgと他のサプリに比べると少ないですが、カルシウムとアミノ酸を同時に摂取できることと、1回だけの購入も可能でリーズナブルな価格であることがメリットです

価格 2,160円 ⇒ 定期初回1,080円
評価 評価4
備考 1日あたり33円(定期)・66円(一般価格でも買える)!DHA/EPAと共にカルシウムも配合!
青魚の知恵 (やずや)の総評

毎月お届けコースで申し込むと初月は1000円で2ヵ月月目以降は1800円となります。
ですが、6回以上の継続が条件となっているので、その点がデメリットです。
ただし、休憩や、お届け日を何度でも変更可能、かつ、どれだけでも先延ばしにできます。
DHA/EPAサプリは、ある程度の期間を継続することで、さらに効果を実感できやすくなりますので、人によってはデメリットではなくなります。

継続の購入義務が嫌で、お試しで飲んでみたいという方は、一般価格が2000円なので1回だけ購入することも可能です!

 

 

 

血行が良くなる仕組み

血行が良い人は血液がサラサラで毛細血管の収縮も少ないと言われています。血行が悪くなる人は血液がドロドロであることが多く、ちょっとした変化で毛細血管が狭くなると流れが悪くなります。血行が悪くなると体調面に影響が現れ、肌にも良くありません。原因を突き止めて、できることから対処していくことが大切です。
血流が良くなる仕組みとして、まずは血液をサラサラにしておくことが大切です。血液は食べる物のバランスや水分摂取などによって状態が変わります。バランスが整うとスムーズに流れるようになりますので血圧にとっても良いことです。
また、動脈硬化などの影響で血管壁が硬くなっていたり精神面からの影響により血管の収縮が活発である場合も血行が悪くなります。ですから、血管が柔らかくなるように喫煙本数を減らしたり適度な運動を行ったり、ストレスを溜めこまないようにしなければなりません。
体を動かさない人は体内の環境にはそれほど問題が無くても血行が悪くなることもあります。ですから、日頃からよく体を動かすことは重要です。体を動かすと自律神経が整いやすくなり、寝る前に副交感神経を優位にすることも難しくなくなります。就寝時にリラックスした状態を作り上げるには、日中の間によく体を動かして交感神経を活発にしておくことが有効です。
このように、血行を妨げる要因には様々なものがありますので、一つ一つ解決していくことが大切です。血液をサラサラにするために食生活に気をつけて、水分も適量をきちんと摂取するようすれば、自然と血行は自然と良くなります。その上で生活習慣にまで気を配り、運動不足を解消したり禁煙を実践したりすれば、体内の循環を活発にすることが可能です。一時的に循環が乱れるだけなら大きなトラブルにはなりませんが、それがずっと続くと問題です。健康な体と健康な肌は正しい循環から成り立っていますので、日々の生活の中で気をつけることが大切です。

 

 

反復浴で血行促進をしよう!

お風呂に入るだけでダイエットの効果があるという反復浴は、短時間で高いカロリーを消費できます。1回の入用区で激しいダンスやエアロビクスを約1時間続けるのと同じ位の効果があると言われています。反復浴は、熱めのお湯に出たり入ったりと繰り返し入る方法です。半身浴はからだに負担がかからない温度や湯量でゆっくりとつかり、リラックスするとともにからだを心まで温め、冷え性などを改善する効果が期待できます。しかし、熱めのお湯に繰り返し入る反復浴は、交感神経を刺激し、血行促進するとともに新陳代謝を高めるのでダイエット効果が期待できます。しかし、短時間で高カロリーを消費しからだへの負担をかけるために、体調が優れないときは無理をしない方がよいです。反復浴は、入浴の前後や途中にもしっかりと水分補給することが大切です。入浴方法は、まず湯船にいきなりつけるのではなくかけ湯をして、からだを慣らしてから入ります。肩までつかる全身浴をして、休憩をする、という行為を繰り返します。肩までつかる全身浴は、からだへの負担がかかりその水圧が刺激となって血行がよくなり代謝が上がります。繰り返しお湯に入ることで、からだの保温効果が長く続くためより血行を促進する効果があります。しかし、お湯の温度が高温だとからだへの負担が大きくなるため、毎日続けるには中温も取り入れるとよいです。毎日続けることで、脂肪を溜め込みにくい体質へと導くことができます。反復浴は血行促進効果が高い為、冷え性の改善、免疫力のアップ、むくみの改善、新陳代謝を整えて美肌や自律神経のバランスを整える効果まで期待できます。また、熱いお湯につかると胃の活動が和らぐので空腹感が抑えられます。このように様々な効果が期待できますが、からだにも負担をかける為、お湯の温度や水分補給に気をつけながら、食事の直後は避けるなど、体調や健康状態と相談しながら行い、無理をしないことが大切です。

 

 

 

血行を良くするストレッチの重要性

人間の身体に流れている血液は、少しぐらい流れが悪くなってしまったとしても、身体を動かすだけで短時間で血流が改善すると考えてしまう人も多いです。
しかし血液の流れが悪くなってしまった瞬間に、脂肪分の塊が血管に詰まってしまったり、身体に老廃物が溜まってしまう事になりかねません。
老廃物が溜まると肌にシミができやすくなるだけでなく、自律神経の乱れの原因になってしまったり、更に血行が悪化する原因にもなってしまいます。
血行が悪くなってから運動をするようでは、少し対処が遅いかもしれないと考えて、ストレッチの重要性について勉強をしてみましょう。

 

普段から美肌クリームなどを使っているけれど、肌のシミが増える一方で困っているという人は、老廃物を取り除くためにストレッチを行ってみてください。
少し身体を動かすような運動をするだけでなく、筋肉の奥深くに溜まった老廃物を取り除くために、筋肉をじっくりと伸ばさなければいけません。
そうしなければ身体の奥から、皮膚の表面まで老廃物の影響が出てしまい、シミが次々と増えてしまう場合もあるためです。
そんな状態に陥ってしまうと、美容クリームの効果も思ったように発揮できずに、肌にコンプレックスを抱える事になってしまいます。

 

そして血行が悪化した時に、最も気を付けなければいけないのが筋肉が硬くなってしまう症状です。
筋肉の柔らかさが失われてくると、ぎっくり腰などを患う可能性が一気に高くなってしまうからこそ、定期的にストレッチを行う事が重要となります。
休日にストレッチを行ったので、しばらくは筋肉が柔らかい状態を保てると思っていると、突然の筋肉の変化に気付けない可能性もあるので注意が必要です。
筋肉が柔らかい状態を保っていたいのであれば、なるべく毎日のように筋肉を解しておかなければ、大きな事故が起きる事になりかねません。
重たい荷物を持ち上げる前に、軽いストレッチを行っておく事も事故の防止に繋がります。

 

 

 

反復浴で血行促進

血行を促進させる方法の1つに反復浴が挙げられます。
反復浴とは、何度もお湯に入ったり出たりを繰り返す入浴法の1つです。

 

普通に湯船に浸かって身体を温めるだけでも血行促進効果はあるのですが、それを繰り返し行う事でさらに効果を上げることが出来るのです。
その反復浴の中でも、特に高温反復浴が血行促進に効果的だとされています。
この入浴法は、40?42度のお湯で行います。
なぜ高温反復浴が効果的なのかというと、お湯への出入りを繰り返し行う事で心拍数や呼吸数が増える為、交感神経が高まるからです。
その結果、血行促進に繋がってくるのです。
また、この入浴法では、湯船に浸かりっぱなしの時よりも体が温まった状態が長く続くため、身体にとって良い効果が沢山みられます。高温反復浴の方法としては、まずかけ湯をして熱めのお湯に体を慣らします。
次に、肩までつかる全身浴を3分間行います。
そして、1度湯船から上がって5分程休みます。
2度目の入浴を3分間行います。
そして、また湯船から上がって5分程休みます。
最後に入浴を3分間行います。
休憩する時に、体や髪を洗えば、効率的に入浴する事が出来ます。

 

また、注意点としては、しっかり水分補給をしながら入浴をするということです。
この方法はかなり汗をかくので、脱水症状を引き起こしたり、のぼせたりしてしまう危険性がある為です。
そして、身体が疲れている時に無理に入浴をしないということです。
結構な体力を消耗する為、疲れている時には身体に悪影響になってしまう場合があります。
健康な状態の時に入浴を行い、入浴後は30分ほど横になり安静にするようにします。
このように高温反復浴は簡単に行う事が出来ます。
ただし、いきなり無理をするのではなく、自分のペースで徐々に身体に慣らしていく事が大切です。
血行が促進されればダイエット効果など、様々な効果が期待できるので、毎日の入浴に高温での反復浴を取り入れる事をおすめします。

 

 

 

入浴は40度のお湯に15分程つかる事で得られるリラックス・血行促進

仕事や家事、育児などをこなしていると、汗をかいたり、皮脂などの汚れが皮膚に付いているので、入浴をすることで、体の老廃物や汚れなどを洗い流し、皮膚の清潔を保つ働きがあります。
仕事で体を使っていたり、小さなお子様を抱っこする機会の多い人は、筋肉痛になったり、エアコンなどの影響で体が冷えている人も多いです。
40度ぐらいのお湯に、15分程度半身浴を行うことで、筋肉をほぐしたり、血行促進して肩こりや腰痛などを緩和する働きがあります。
入浴をすると血流を促進したり、皮膚を清潔に保つのはもちろん、自律神経の働きを整えて、心身をリラックスさせる効果があります。
リラックス効果を高めるためには、お肌に優しい素材を使用しており、優しい香りの入浴剤を入れるのも良いでしょう。
10代の人は思春期ニキビで悩んでいる人が多いですし、20代以降の大人の場合は大人ニキビや吹き出物などで悩んでいる人が多いです。
40度ぐらいのお湯でゆっくりと入浴をすると、皮脂や雑菌などを取り除けるので、皮膚を清潔に保てるようになり、ニキビや吹き出物を改善する働きがあります。
入浴後はお肌が乾燥しやすく、デリケートになっているので、専用の化粧品を使ってしっかりと保湿をしておく必要があります。
入浴後は喉の渇きを感じている人がほとんどなので、ミネラルウォーターや水素水などで、しっかりと水分補給をしておく必要があります。
年齢を重ねると、皮膚のたるみやしわ、くすみなどで悩んでいる人が多いですが、入浴をすると血行促進する働きがあるので、皮膚の新陳代謝を高めて、美肌を維持する効果があります。
長時間立ち仕事やデスクワークをしている人は、体が冷えやすく、むくみやすいので悩んでいる人が多いです。
適温のお湯でゆっくりと入浴をして、下半身をマッサージしておくと、むくみを改善する働きがあります。
心身をリラックスして、血行促進して健康な体を維持する働きがあります。

 

 

卵黄の効能:血行不良の改善

栄養価の高い食材を組み合わせた健康食品・にんにく卵黄というのが話題となっていますが、にんにくはその臭みが弱点。卵黄を摂取するだけでも高い栄養効果は得られるのです。

 

コレステロールが多いからと摂取しない方も多いですが、卵には人間の活動に必要とされる栄養素がほぼ全部バランスよく含まれています。成長の促進や筋肉強化・疲労回復・老化防止・免疫力向上など食べるだけで元気が取り戻せるのです。脳の活性化に期待できるコリンという成分は大豆の3倍もの量含まれており、頭の回転にも役立ちます。
唯一足りないのはビタミンC、そのためビタミンCを含む野菜を卵料理に添えて一緒に食べればまさに万能となるのです。

 

卵黄には血行不良改善の効果もあります。
動脈硬化や心筋梗塞など現代の生活習慣病の多くはドロドロ血液が原因です。卵を食べると血液サラサラ効果があります。血栓の予防にもなりコレステロールも除去されるのでスムーズに血液が体中に栄養や酸素を届けることができるようになり、健康な生活に大いに役立つのです。
血流がスムーズになると冷え性も改善され、さまざまな身体の不調の改善にも役立ちます。

 

卵はアレルギーの発生頻度が高く、小児にとって鶏卵はもっともアレルゲンとなりやすい食品です。ただ加熱した卵黄はアレルゲン性が低いです。それに卵黄には3大栄養素の代謝を助けてエネルギーに変えてやる働きを持つ成分・ピオチンが豊富に含まれています。一方卵白の方にはオボムコイドという高いアレルゲン性を示す成分が含まれていますし、ピオチンの吸収を阻害する働きも持っているので、どちらかというと卵白だけを大量に長期間摂取するのはやめて置きましょう。コレステロールのほとんどは卵黄部分に存在するため、卵黄の食べすぎもダイエットの大敵だったりします。

 

卵というと卵黄と卵白をセットで食べないといけないわけではなく、栄養面やアレルギーを考えた上で上手く取り入れるようにしましょう。

血行を良くする方法いろいろ

人間は血行が悪くなると体のいたるところに不調が現れやすくなります。そのため血行を良くすることが健康を維持する秘訣と言えるでしょう。
血行を良くする方法としては体を温めることです。冷えてしまうと血液の流れも悪くなりますので、例えば夏場に冷房をガンガンに入れたり冬場に薄着をするといったことは良くありません。ところが現代人はクーラーに頼り切りだったりファッションで寒くても薄着をするようなことが多いのです。気付かない内に体には負担になっていますから改める必要があると言えます。
運動も血行を良くするために効果的です。運動をすると血液の循環が良くなりますので体も温まりやすいです。反対に運動不足ですと血液の流れが悪くなって冷えやすい体になり、さらには熱を作るための筋肉も低下します。そのため軽めのジョギングやストレッチでも良いので行うようにした方が良いでしょう。
水分をしっかりと補給するのも血行に影響します。体が乾燥気味ですと血液もドロドロになりやすいです。ですからできれば1日に2リットル程度は飲んだ方が良いと言われています。なお水分補給を目的にする場合はただの水を飲むことが大切です。ジュースやアルコールなどですと余計な成分まで多く吸収してしまいますし、糖分や脂質を大量に摂ると却って血行が悪くなってしまうのです。なお水は一気に飲んでしまうのではなく、何度かに分けて1日かけて飲むようにします。
入浴をするのも血行の促進に効果的と言えます。お湯に浸かることで血液の巡りは良くなり、さらにはストレスの解消になるという良さもあるのです。ストレス自体も血行を悪くする原因ですのでリフレッシュ効果のある入浴は率先して行うことが推奨されます。
血液をさらさらにしてくれる食材を食べることも大切です。食べる食材によって血液の質は変わり、特に緑黄色野菜には良い効果がありますので、食事の際には率先して取り入れた方が良いでしょう。

 

 

 

血行を良くする薬の種類とその副作用

血流が悪いと冷え性や肩こり、頭痛、腰痛、不眠症などの症状が出てしまうとされています。また、疲れがなかなか取れないことや肌の状態が悪いことなども血行不良が原因かもしれません。血流が悪いと全身の細胞に酸素をしっかり送れなくなってしまうこともありますし、体調が悪くなってしまうこともあるでしょう。血流を良くしたいという場合、規則正しい生活を送ることが大切です。十分な睡眠や適度な運動、バランスの取れた食事がポイントであり、普段の生活習慣が乱れている場合は注意しましょう。また、体を冷やさないことやマッサージを行うことも血行を良くすることに繋がります。食生活においては脂っこいものなどはできるだけ避け、血液を綺麗にする効果のある食材を積極的に摂取していきましょう。ストレスを感じることも血行不良の原因になってしまうことがありますし、効率よく発散する方法を見つけておくのがおすすめです。全てに気を付けることは難しいかもしれませんが、できることから初めて血流を改善していくと良いでしょう。また、血流を改善するために薬を使うという方法もあります。血流改善に効果のある薬はたくさんありますが、自然素材を利用した生薬が多くなっています。自然素材を利用した薬なら副作用の心配はありませんし、安心して摂取することができるでしょう。安価で手軽な薬としてビタミンEを配合したものがありますが、特に血管の内部が狭くなったことで起きている血流の悪化に効果的です。おすすめは天然のビタミンEであり、成分をきちんと確認してから薬を購入するようにしましょう。また、ポリフェノールを配合した薬も血の流改善に役立つと言われています。大豆やみかんなどに含まれるポリフェノールには、血流を改善して末端組織への血流量を増やすという効果があります。抗酸化物質は血行改善に利用されることが多いですし、食事からの摂取しやすいということを知っておきましょう。

 

 

 

血行を良くする食べ物、飲み物とは

血行を良くすることにより体の隅々まで血がめぐるため体が温まり冷え性や肩こりを改善することができます。この他新陳代謝や免疫力の向上、肌がつややかになる、風邪が引きにくくなるといった効果があります。
血行を良くするにはビタミンEやビタミンCを取るのが良く、ビタミンEには、血行を良くする働きが、ビタミンCにはコレステロールを排出し、血液をサラサラにする働きがあります。
血行を良くする食べ物には、豚ひれ肉、白身魚、赤身魚、たこ、イカ、いくら、たらこ、玄米、豆類、ショウガ、リンゴ、柿、キウイ、オレンジ、ひじき、わかめ、海苔などがあります。通常肉類は脂肪分やコレステロールが多く含まれていますが、豚ひれ肉は脂肪分も少なく、ビタミンB1が牛肉の10倍も含まれています。
ショウガに関しては、香辛料として使用されますが、ジンゲロールとショウガオールの2つの成分が血液の状態を良くします。ジンゲロールは生のショウガに含まれており、発汗を促し血管を拡張します。ショウガオールはジンゲロールを加熱したり乾燥させたりすると現れる成分で、体の隅々まで温め、血行を良くします。
飲み物では、ジンジャーティ、青汁、麦茶があげられます。麦茶には、青魚にも豊富に含まれているEPAがあり、血行を促進することができます。また、麦茶の香り成分であるピラジンも血行を良くすることができます。
飲み物はできるだけ温かくして飲むことが大切になります。冷たい物の飲み過ぎは逆に血液の流れを悪くしますし、緑茶やコーヒーといったカフェイン類も体を冷やす原因となります。また、糖分の多いもの、色が薄いもの、キュウリやトマトといった夏野菜、バナナ、メロンなどは体を冷やします。野菜ジュースを飲む場合は含まれている食材に注意するようにしましょう。
冬だけでなく、夏の時期であってもぬるめ程度のものを飲むようにすると、体の冷えを防止し、血液をスムーズに流すことができます。

 

 

 

血行を良くする漢方の種類とその特徴

病院で処方薬として漢方薬を勧められる症状としては、冷え性や疲労、女性の生理不順などが代表的なものとして挙げられます。
これらの症状の大元となっているのは血行不良です。
血行が悪くなると体内の熱循環が低下していきますし、臓器への栄養供給も滞ってしまうために全体的に身体機能が低下してしまいます。
そのため先程述べたような症状の場合は漢方を使って血の巡りを良くするのが最善の方法となるのです。
血行を改善する漢方薬として知られているのは主に次の3つです。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は血行不良の改善に用いられる最も有名な薬で、この薬には血液の停滞を解消する作用があり、特に女性特有の疾患に高い効果があると言われています。
加味逍遥散(かみしょうようさん)はストレスなどによる血行不良に効果のあり、交感神経の緊張を和らげる作用があります。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は血液が不足して血行が悪くなっている方にお勧めで、貧血や抜け毛・薄毛に効果があります。
漢方には全身の血の流れ、即ち血行を非常に大切にするという特徴があり、血行不良の改善には西洋医学よりも漢方の方が治療に向いていると考えがちですが、漢方はあくまで治療の一環として捉えるべきものです。
そのためドラッグストアや通販で購入した漢方を安易に口にするのは危険なことですから、必ず医師に相談した上で服用するのが大切です。
服用に当たって注意したいのが「飲む時間です」
西洋医学で用いられる薬は「食前」とか「食後30分以内に服用」と言うように飲むように指示されるものが多いですが、漢方は食間、特に食後2時間後くらいに飲むのが最も効果的であると言われています。
これは空腹の方が生薬の有効成分を吸収しやすいからだと言われていますが、体質や服用する薬の種類によっては食後に飲むように担当医から指示される場合もありますので、その際は注意点をよく守って服用することが重要です。

 

 

 

血行を悪くする生活習慣とは

日々の生活習慣が良くないと血行まで悪くなり、血液がスムーズに流れないことで健康にも美容にも悪影響になってしまいます。
血行を悪くする生活習慣はいくつもありますが、まず食生活の乱れや運動不足です。油っこい食べ物を好んでいたり体を動かさないことが多いと動脈硬化が進みます。血管や内壁が硬くなってしまう状態ですが、動脈硬化が進むと生命にかかわる病気もしやすくなります。しかしながら食事面や運動面がおろそかになっている現代人は増えており、そして若者の場合でも動脈硬化が急増していますので注意が必要です。
脱水状態にあるのも良くありません。血液の50%は水分であり、これは血液をスムーズに流すためにも水分が非常に重要ということを意味します。ところが水を飲まない人も少なくないですし、飲むにしても量が少ない傾向もあり脱水になっていることもあるのです。意識的に飲むことが血行を良くするコツですので、習慣化していくことが大切と言えるでしょう。
タバコも血行不良を招きます。ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、タールは血液をドロドロにします。また、一酸化炭素は血管内の酸素量を減らしますし、その他の有害物質も含まれていますので健康に大きな悪影響を与えてしまう存在です。特にヘビースモーカーの場合ですと慢性的な血行不良に陥っていますので注意が必要です。
ストレスを溜めてしまうのも悪い生活習慣の一つと言えます。ストレスを感じると自律神経に影響しますが、自律神経は血行にも影響しているのです。そのため慢性的にストレスを感じている人は要注意です。
ストレス対策を行うことが大切ですので、根本の原因を取り除くことはもちろんですが、運動をする、趣味の時間を持ってリフレッシュをするなどの心がけが必要と言えます。
冷えやすい恰好をするのも厳禁です。体が冷えてしまうと放熱をさせないように血管は収縮します。つまり血行が悪くなってしまいますから、例えば寒い季節でも薄着ファッションをするような人は危ないと言えるでしょう。

 

 

血流を良くする効果のある食べ物、サプリメント

血液は栄養分や酸素等を体の隅々まで運んでくれます。血液がさらさらとスムーズに流れていれば、体は病気にかかりにくくなり、エネルギー代謝がよくなるので元気いっぱいで過ごせますし、メタボリックシンドロームとも縁遠くなるというもの。血流を良くするためには、運動の習慣をつけたり、姿勢をよくする、良質な睡眠をとる等の方法がありますが、やはり基本は食事でしょう。
血流を良くする効果のある食べ物としては、まず体を温める食材があげられます。冷蔵庫に肉を入れておくと、脂分が白く固まっていますが、人間の体も、冷やすと脂分が固まりやすくなり、血液の中でも余分な脂肪が流れにくくなります。また冷えると体温を外に逃がさないように、血管そのものが収縮しますから、よけいに血流が悪くなります。体を温める食べ物とは、陽の性質を持つもののことで、寒い季節や寒い地方で採れるものが多いです。具体的には、根菜類、豆類、しょうがやネギ、玉ねぎ等で、お茶ではほうじ茶がおすすめです。逆に体を冷やす食べ物は、暑い季節や暑い地方で採れるもので、バナナやパイナップル、トマトやキュウリ等があげられます。煎茶やコーヒーも体を冷やします。
血流を良くする栄養素はたくさんありますが、中でもビタミンCやビタミンE、ビタミンB1、パントテン酸等が効果的。ビタミンCには抗酸化作用の他に血栓を溶かす作用等もあり、ピーマンやブロッコリー、キウイ等に多く含まれています。ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、血行を良くするビタミンとして知られている他、活性酸素から血管を守る働きもしてくれます。かぼちゃ、モロヘイヤ、うなぎ、アーモンド等に多く含まれています。ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変える代謝に欠かせないビタミンです。肉類や豆類に多く含まれます。パントテン酸は、余分なコレステロールを取り去る善玉コレステロールを増やす働きがあり、脂肪分でドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果があります。最も多く含むのはレバーや魚卵ですが、これらはコレステロールの高い食材です。コレステロールを気にしない食品でパントテン酸が多めといえば、納豆がおすすめ。またシイタケやエリンギ、サツマイモ、ピーナツ、スキムミルク、皮なしの鶏肉等にも比較的多く含まれています。
時間のないときにはサプリメントで補うこともできますね。効果的なサプリメントには、血栓を予防するナットウキナーゼ、たまねぎの成分ケルセチン、毛細血管を強くするルチン、青魚に多いDHAやEPA、6種類の二重フラボンを含むイチョウ葉エキス等があります。

 

 

血行を良くするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑